海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会



Overflow Info

海外での生体腎移植や臓器移植に関する情報は30年以上の歴史を誇る当会へ!ドナーの心配なくクレアチニン上昇による透析と決別するための情報です。透析前の先行的腎移植にも対応し、帰国後の医療機関も万全に確保。まずは体験者の話をお聞きください。もちろん費用は無料です。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

腎移植を行うことで腎不全を完治させることが可能になっていきます。人工透析を続けるのは日々の暮らしを不便にさせていくことになり、多くの方が腎移植を望むようになっていきます。腎移植の手術は国内では難しいものがあるのも実情ですが、海外に渡航して手術を行うことで短期間で腎不全の症状を回復させることが可能になっていきます。海外腎移植事情研究協会では、海外での腎移植をパッケージにしていくことで、どなたでも不安なく腎移植を実施出来るように提供しています。北米エリアとアジア地域を中心に展開し、手頃な料金で腎移植の実施を行うことを可能していきます。腎移植を行う前には事前に国内で審査を行い、移植に耐えうる体力を保持しているかの判断から始めていきます。血液検査から心電図の検査に至るまで広範に渡っての検査を実施していき、問題なく腎移植を行うことが出来るかをトータルで判断していきます。事前検査を行った後は、実際に腎移植を受けた方の体験談を聞いていき、実際の手術の内容や術後の生活についてをヒアリングしていきます。腎移植には、本人は勿論のこと家族の同意も必要になっていきます。本人と家族が手術内容に同意をした後に、予算や日程に応じた渡航計画の策定に進んでいきます。検査の結果により、海外の医療機関で受け入れ可能と判断された場合には、海外腎移植事情研究協会が責任を持って渡航計画を策定していきます。実際の日程は手術を行うエリアによっても違っていきますが、平均して二週間程度になっています。腎移植を行った後は、帰国後に腎移植専門病院への入院も発生していきますが、一ヶ月も経過すれば退院することができ、通常の生活へ戻っていくようにもなります。海外腎移植事情研究協会が提供するパッケージには渡航費用は勿論のこと、現地での宿泊費や手術費用も含まれています。予算や手間を掛けることなく迅速な腎移植を実施していくことが可能です。人工透析に悩むことの無い健康的な日々を送ることが出来るようになっていきます。
Tagged on: ,海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会