看板製作ならHORSE919


『会社URL:http://horse919.com/sign/
Overflow Info

店舗の看板製作は千葉県「株式会社Horse919」にお任せ下さい。東京・埼玉・群馬など幅広い地域で対応。予算に合わせて、お客様のご要望に合った看板を制作致します。ウィンドウサインや壁面看板にも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

看板娘という言葉はよく聞く言葉ですよね。まさにこの言葉の中に、職種問わず、店舗にとっていかに看板という存在が大きいかがわかります。看板によってはお店にお客が入らずとも外観で綺麗、汚いが判断されてしまいます。それ以外にも楽しそう、面白くなさそうだったり、単純に繁華街だと目立たない、気付かれないなど、店舗の存続に影響してくるところまで来ます。個人レベルの店舗では、コストをかけず、自分でDIY感覚で造られる方もおられますが、時間を費やす必要があります。自分で看板を作る発想はあまりないことから、目立ちますし、アットホームな印象を周りに与えます。発想はいいのですが、実祭に店舗運営を考えていて、自作の看板を作ろうとはなりません。大抵看板屋さんに作成、納品を依頼する方がほとんどです。電光掲示板ならなおさらかと思います。下手に自作で作った結果、日々の電気代も支出になる店舗では命取りとなりますので、ここは業者に任せるのが無難という着地に行き着きます。さて業者に依頼するとしてどこの業者に任せればいいのかというところですが、大手会社のテナントの看板を手掛けてきた実績のある、HORSE919がオススメです。会社自体は千葉県松戸市紙敷にあり、基本的にはインターネットでのご注文で承っている業者となります。それ故非常に作成コストを抑えつつクォリティーの高い看板が作れます。こちらの業者さんは5つの特徴で人気を博しています。特徴1が満足度イコールリピート率ということでここが非常に高いということです。2には最強のコストパフォーマンスです。3は委託など挟まず、デザインから作成、施工まで全て自社完結。作業の間に他社が挟まる事がありません。4は持ち込みデザイン、配置も柔軟に対応できます。最後、5つ目は施工、設置後のメンテナンス、電球の交換なども対応してくれます。これから店舗運営を開始する会社からすれば至れり尽くせりです。スタートから、アフターまで一貫して依頼ができますので便利です。
Tagged on: ,看板製作ならHORSE919