銀座 誠友堂


『会社URL:http://seiyudo-gold.com/merits.html
Overflow Info

金インゴットを小分けするメリットをご紹介します。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

金インゴットを売却した時に売却額が200万円以上ある場合には、その金インゴットを買取った業者はマイナンバーを付けた支払調書を税務署に提出する義務を負います。これは、マイナンバ―制度によって必ず行う必要があります。そこで「銀座誠友堂」では、金インゴットを売却する際に多額の税金を何とかして抑えたいと考えている方向けに金インゴットの小分け加工を行っています。売却額が200万円を超えなければマイナンバ―の支払調書を提出しなくて済むので、マイナンバ―の支払調書の提出義務が生じる金額で売りたくなければ金インゴットを小分けにしてから売却する必要があります。金インゴットを売却した場合の税金は、一時所得となります。この一時所得は、控除額が50万円となっています。数kgの金インゴットを売却した場合には、一時所得の控除額を差し引いても税金が大きく発生してしまいます。しかし金インゴットを小分けにして100gにしてしまえば、1本100gだけ売却する場合には、一時所得の控除額内に抑えることができます。つまり、税金が発生しないということになります。数kgの金インゴットを売却すれば税金が発生しますが、小分け加工することで税金を発生させないことができます。こうした金インゴットを小分けに加工する業務を行っているのが、東京銀座に店舗を構える「銀座誠友堂」となります。創業は昭和56年から行っていますので、長い実績を積んでいます。また金インゴットを贈与する際にも、金インゴットを小分けにするメリットがあります。贈与は110万円までは税金がかかりません。ですから、数kgの金インゴットを100gに小分けに加工しておけば、1本はもちろんのこと2本の金インゴットまでならば贈与税がかからなくなります。このように金インゴットを小分けに加工すると、節税することができます。「銀座誠友堂」では経験豊富なスタッフによって丁寧に対応してくれますので、安心して来店できます。
Tagged on: ,銀座 誠友堂