陣内ウィメンズクリニック


『会社URL:http://jinnai-womens.com/about/staff/
Overflow Info

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚して2年を経過しても妊娠に至らないと、不妊症なのだそうですね。もちろん子供を産まなければいけないということはなく、結婚後10年以上経ってから子供を授かる人も少なくありません。それでも、子どもがほしいのに何年も子供が出来ないという状況は、強くわが子の誕生を望む人にとって相当つらい状況です。その状況を打破するために、不妊治療に踏み切り人が増えています。不妊治療については、まだまだ賛否両論で女性には肉体的苦痛が伴い、精神面でも負担がかかります。その上費用が高額という問題もあって、やりたいくても出来ないというご夫婦も多くいることでしょう。でも、赤ちゃんを授かり出産し、育てるという喜びは痛みや苦痛にも優るものです。条件があえば助成金がもらえることもあるので、経済的負担も軽くなってきていますし、世論も不妊治療に好意的な傾向が強くなってきています。不妊治療のスタートはカウンセリングから始まります。不妊の理由にストレスというのもあり、最初のカウンセリングでストレスを吐き出し、プロに分析してもらうことで不妊の原因をひとつ減らすことになるかもしれません。もし妊娠に至らなかったとしても、心の重荷を少しでも減らせたらそれだけでも価値があります。といっても、本題は妊娠することで、妊娠するためには精子と卵子が出会わなければなりません。自然にそうなれば一番いいですし、そうなるためのアドバイスももらえるでしょう。ただ、それでもどうしても両者の相性が一致しない場合があります。その場合は人工的に精子と卵子の出会いを作ることで妊娠を促すことになり、具体的には体外受精と顕微授精というのがあります。どうしても子供がほしいのにどうしても妊娠しないという場合には、こういう医学の力を借りるのも選択肢のひとつとしてあるということを知っておくといいでしょう。医学も進歩し、少子化が進む中、今後一般的な方法となっていくのかもしれませんね。
Tagged on: ,陣内ウィメンズクリニック