三和産工株式会社



Overflow Info

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。

ビルやマンションなどある程度大きなところや、学校などの体育館においては避難誘導標識が置かれています。緑と白のプラスチックの電気で光るものになっていますので、おそらく一度はだれでも見たことがあるはずです。避難誘導標識は消防法によって定められたものですので、条件に一致する建物に関しては必ず付けなければならないものになります。実際にどのようなものをつけたらよいかわからないと感じる人もいるかもしれませんが、基本的には廊下や通路から避難する部分まで7メートル50センチ以上の場合は設置しなければいけない決まりになっているのが特徴です。実際にどのようなものを設置したらよいかは迷うところですが、その場合には違いをしておきましょう。避難誘導標識は大きく分けて2種類あり、緑色がベースになっていて白くくりぬかれているものと、白色がベースになっており緑色にくりぬかれているものです。これはそれぞれ違いがあります。緑色がベースになって白くくりぬかれているものは、避難場所を意味しています。これに対して、白がベースになっており緑色にくりぬかれているものは避難場所までの方向をあらわすものですので、直接的な避難場所につけてはいけません。このように、違いが分かりにくい場合もありますので、その時は専門の業者に聞いてみてそれぞれの役割や設置の仕方を学んでおくべきです。購入する場合の金額帯ですが、一昔前のように電球で照らしているものは数少なくなっています。最近は蓄電式になっており、太陽光発電同なじように明るいうちに電気を蓄えて暗くなった時に光るようにしているのが特徴です。このような形になったのは、地震や雷そして火災などで電気が通らない場合を想定してのことです。今後災害を考えるならば、蓄電式のものを選んだほうがいざという時に役に立つでしょう。金額としては、蓄電の技術が発達したことから3000円程度で購入することができます。
Tagged on: ,三和産工株式会社